CMSホームページを如何に営業で使うか

見込み客を集める

 

私のビジネスを事例として話そう。Joomla CMSホームページシステムを使った法人向けホームページ構築サービスを営んでいる。営業は、足での営業とホームページでの営業がある。今回は、ホームページをどの様に使って営業をしているかを説明したい。

 

ターゲット客層は、中小企業の社長でホームページをうまく使いきれていない人たちだ。つまり、現在、ホームページを持っていない、または、既存のホームページが自分の思うように行っていないと言う何らかの問題を抱えてる社長さんたちだ。

 

しかし、

 

中小企業の社長は、インターネットを上手く波乗りが出来ない。実際のアプローチは、中小企業で何らかのホームページ作業にかかわっている人たちとなる。社長から今のホームページを何とか成らないかといった注文が担当者に来ている方たちだ。

 

CMSホームページシステムであるのでその強みを営業に使う。強みは、テーマに絞り込まれたコンテンツ作りと作成スピードだ。ホームページで何らかの問題を抱えていると検索サイトでその問題を解決できる方法を探す。その解決方法がホームページで沢山書かれていれば、自ずとして私のサイトに立ち寄ってくれる。立ち寄ってくれた方は、私に言わせれば潜在的な見込み客になる。

 

ターゲット層のお客さんが求めると思われる情報について沢山ページ作成をする。時間とお金をかけずにやれるシステムがCMSホームページシステムなのだ。したがって、あなたが想定するお客が求めていると思われる情報をワープロ感覚でどんどんページを作っていくだけで向こうから潜在的見込み客がやってくる。

 

普通のホームページ制作では、ウエブデザイナーの専門知識が必要だ。営業マンには、それを学ぶ時間がない。専門知識を学ばなくても直ぐにターゲット層に向けた情報発信ができる仕組みさえ持てれば、足での営業をしながら待ちの顧客開拓がCMSホームページシステムで出来てしまう。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト