ウエブ業界の新しい流れIT化を営業活動に生かす

営業もIT化する

 

インターネットによる人との接点が凄い勢いで増えてきている。会う前からお客のことが分かる。インターネットでメールだけで情報交換をしていたからだ。あったときには、もう、友人、知人の関係が出来上がっている。これからの営業マンは、こんなやり方で見込み客作りをする。

 

ただ、時間がかかる。人間と人間とのコミュニケーションで直ぐには友達になれない。コミュニケーションのキャッチボールが何度も行われなければ相手を良く知ることが出来ないし、相手に自分の事を良く知って頂くことも出来ない。

 

営業の武器をIT化する必要がある。営業マン一人一人の営業活動を支援するCMSホームページシステムが生まれてくる。今までのホームページは、ウエブの専門家でしか作れなかった。これからは、専門家でなくてもホームページを乗りこなせるCMSホームページシステムが脚光を浴びる。基本的なパソコン操作とインターネットの常識があれば誰でもがホームページを操って情報発信が自由自在に出来るようになる。

 

それを可能にするのが、Joomla CMSホームページシステムだ。営業マンは、自分で自由自在に操れる営業活動用の情報発信サイトが持てる。これを持つ事で自分が探しているお客を呼び寄せる網が出来るのだ。お客は、情報を求めてますますインターネットで検索する。検索にヒットしたサイトにお役は情報を求めてやってくる。その情報源になれば、あなたのお客は向こうからやってくる。

 

インターネットでビジネスを展開している人や会社は、自分のお客が求める情報を知っている。その情報を上手く加工して情報を求めてくるお客を自分のサイトに集める。そのための仕掛けがホームページだ。でも、今までは専門家しかできなかった。それがCMSホームページシステムならば、その難しさがなくなる。

 

CMSホームページシステムは、あなたの営業活動を強烈にバックアップするIT化ツールなのである。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト