自分のお得意様を囲む

普通の営業マンは、会社にお得意様のお世話を任せてしまう傾向がある。これが普通である。それが故に普通の営業マンの成績しか出せない。

 

賢い営業マンは、自分のお得意様は自分でお世話をする。お世話をするという意味は、自分のお得意様に対して特別なお世話をインターネットでする。ひとつの例が、自分で作ったお得意様専用の情報発信サイトである。一般のお客様とお得意様を区別した役に立つ情報をホームページで提供する。

 

Joomla CMSホームページシステムは、それが簡単にできてしまう。一社づつ個別に一人の営業マンが対応できないので一般のお客様とお得意様の2つのグループで対応することになる。お得意様は、特別なログインIDとPasswordで特別なメニューとページを閲覧できる。内容は、営業マンが考える。どのような情報がお得意様を喜ばせるかどうかは営業マンしか分からないからだ。

 

ポイントは、自分が抱えるお得意様は、会社任せにしない。自分のホームページでお得意様専用メニューとページでお得意様が喜ぶ情報を提供する仕組みを持つことなのだ。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト

 

folder_yellow営業ツールとして使えるJoomla CMSホームページ制作のお問い合わせはこちらまで。