ネットでお客を探す

インターネットを使ってお客様を探す人達がいる。当社にもいろいろな会社から売り込みのメールや電話やダイレクトメールがある。

しかし、

100%迷惑な売り込みになっている。当社のニーズを満たすどころか迷惑な内容であるからだ。売り込みをする営業マンは、ただ、飛び込み営業のようにインターネットでお客を探し迷惑をかけている。これでは、上手くいくはずがない!

 

営業マンは、まず、インターネットでの自分の営業アプローチを分析する必要がある。やり方は簡単である。

 

  1. これから自分がインターネットで営業するアプローチを書きだす
  2. このアプローチで誰かが自分に営業してきたらどのように思うかを書き出す
  3. 自分の印象を書き出す

 

これだけである。自分の印象がそれほど悪くないと思ったら、その営業アプローチを採用する。ネットでお客を探す場合は、営業される側の視点で営業アプローチを検討する。飛び込み営業的なメールの配信は迷惑メールとなり、二度と受信されない!

 

インターネットでお客を探すとき、ターゲットは法人企業が中心になる。法人企業は、自社の利益になる情報をもとめている。アプローチしたい会社があれば、その会社の弱点を見つけてそれを改善する提案を作成してメールに添付して送ることだ。内容は、売り込みにならないように提案だけに留める。

 

数日経過してから電話で問い合わせをしてみる。良い結果を期待してはいけない。送ったメールが読まれていない場合もあるからだ。メールが担当者まで届いていない場合は、その場で提案を説明したいと申し込む。少なくとも話は聞いてくれるだろう

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト