見込客を誘導するホームページの作り方

法人営業で受身の営業をするのが、見込客を集めるホームページである。

 

多くの会社のホームページは、コーポレートサイトという会社を説明するホームページになっている。お客様がお付き合いする会社について情報を集めるときに最も役に立つホームページになる。

 

しかし、

 

コーポレートサイトの役割は、見込客集めのホームページの役割ではない。このポイントを理解できないでコーポレートサイトを無理矢理に販売サイトにしようとする会社がなんと多いことか。

 

見込客を誘導するホームページは、コンセプトから違う。まず、自分自身が見込客になってみよう。ある情報をインターネットで探している。検索サイトで 「見込客を誘導するホームページの作り方」で検索すると色々上がってくる。あなたは、リストされたホームページを開いて探している情報があるかを確認する。

探している情報がたくさんあるホームページが見つかるとブックマークをする。そして、またやってくるようになる。情報の質が良いとこの情報を発信している会社はどこかという興味が湧いて来る。一度、会って話を聞きたいという道筋がだんだんと見えてきくる。

 

上記のようなパターンがホームページ上で作れれば、自ずと見込客が検索してやってくるのである。このようなサイトを会社が作るのか、個人の営業マンが作るのか。会社は、営業マンが叫んでいることに耳を貸すよりも売上に時間を投資する。

 

つまり、

 

個人の力で見込客が集まる情報発信サイトを作り、結果を出してから会社に大規模な見込客集め情報発信サイトを作らせるのである。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト