集客できるホームページの基本

お客様が、インターネットで会社を探すとき求める情報を提供する会社かどうかをホームページで判断する。

 

検索サイトでキーワード検索をして表示されたホームページリストのタイトルと概要を見ながらどのサイトが探している情報を提供しているかを判断する。

 

最初のページから3ページ目までが検索したキーワードに関する情報がたくさんあると思われるため、4ページ以降まで探すお客様は少ない。


集客できるホームページは、最低でも最初の3ページ目までにリストされるホームページでなければならない。さらに、お客様が探している情報のキーワードが概要に表示されているかどうかでも違いが出る。検索慣れした人であれば、アフィリエイトサイトかどうかを見分けられる。アフィリエイトサイトは、ドメインを見れば直ぐに見分けられる。そのサイトのトップページを開けば誰にでも判断できるようなサイト作りをしている。

 

お客様は、アフィリエイトサイトを除外して会社のホームページを探す。または、サービス内容のページを探す。

 

重要な点は、お客様が求めている情報がそのホームページにたくさん書かれているかどうかである。情報を求めてお客様は集まる。サービス内容だけ、料金だけ、会社概要だけなど看板サイトにはお客様が求めている情報が少ない。情報の量が少ないため、お客様は情報の多いホームページに移っていく。

 

ホームページに書かれている情報だけでは解決しない場合が多いのでお客様はお問い合わせをしてくる。このパターンになるようなホームページが集客サイトの基本である。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト