自社の強みを販促用ホームページに反映する

営業マンは、自社の強みを知らないといけない!

 自社の強みで営業を行うと言ってもその強みが顧客に伝わる宣伝をする必要がある。そのためには、ある程度ターゲット顧客に伝えるために販促用ホームページを上手く使う必要がある。自分が勤める会社に販促用ホームページがないならば、会社にリクエストして営業告知専用のホームページを作ってもらうべきだろう。

 

販促用ホームページは、プリセールス活動をしてくれる。

 

自社の強みが製品であれ、サービスであれ参照できるホームページがあり、情報が掲載されていればクライアントはじっくりと営業マンが話したことを確認できる。その意味では、アフターセールスの場としても使える。

 

営業マンは、色々な営業ツールをお客を見て使い分けする必要がある。

 

プリセールスサイトで関心を示したお問い合わせ客にホームページでは開示していない情報を打ち合わせ時に話すことで営業マンの立場を有益にできる。打ち合わせ後にお客様専用の情報閲覧IDとPasswordを別途提供してお客様の関心を引き続ける仕組みもあると良い。

 

つまり、

 

販売促進用ホームページは、一般ユーザー用の情報と特定顧客向けの情報を同時に掲載する仕組みが必要である。お客様に特別な待遇を与えるという印象が好印象をもたらす。Joomla CMSは、この仕組みが標準機能だけで作れる。

 

自社の強みを販促用ホームページで告知宣伝するには、発信すべき情報をたくさん用意する必要がある。自社の強みが色々なKeywordsで表現できるならば、そのKeywords一つづつページを作っていく。それが簡単にできるホームページシステムがあれば良いわけだ。

 

宣伝は、広く継続的に行う。これができないと伝えたい情報を伝えられない。販売促進用ホームページは、24時間365日情報を発信し続ける。そのメリット最大限に発揮できるのが、Joomla CMSホームページシステムである。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト