海外に市場を求めるためのツール

海外に活路を求める会社が多くなっている。

海外の市場を開拓するには、海外向けの情報発信サイトが必須である。海外からのアクセスが仮にあったとしても会社のホームページが日本語では情報が上手く伝わらない。最低でも英語と日本語のバイリンガルサイトでないと海外市場を開拓できない。

まず、英語での情報発信ができるホームページを持つ。これが先決である。

東南アジアの市場に進出するならば、英語でメッセージが伝わるシンガポール、マレーシア、インドなどが対象になる。もし、タイ、ベトナム、インドネシア、台湾、中国、そして、韓国ならばそれぞれの言語で情報発信ができるホームページを持つ必要がある。

最初から多言語でホームページを作るのは大変であるので英語と日本語でのサイトが優先される。

英語と日本語のバイリンガルサイトを作る上で考慮すべきことは、

スマートフォン、タブレット、PCなどのマルチ端末でも最適に情報ページを表示できる仕組み

どの国でもスマートフォンの普及率が増加してきている。さらにタブレットも増加傾向にある。PCを使えない人たちはタブレットで情報を検索したり、閲覧したりする時代である。スマートフォン用のホームページ、タブレット用のホームページ、PC用のホームページなどと複数のサイトをそれぞれの端末向けに作るのは大変である。

できれば、一つのサイトでスマートフォン、タブレット、PCに自動対応できるホームページがあれば助かる。そんなホームページが作れるツールがある。Joomla CMSというホームページシステムである。こちらのサイトをスマートフォン、タブレット、PCで見てもらいたい。一つのサイトで自動的に3つの端末に自動対応するのが分かるはずである。

日本語のサイトと英語のサイトでは、伝えるべきコンテンツやメッセージが違うので海外向けの告知内容を事前に吟味する

多くの日本企業のバイリンガルサイトは、日本語のページ内容を単純に英語に翻訳したバイリンガルサイトになっている。日本市場向けの情報がそのまま海外の潜在顧客向けに伝わるかどうか非常に疑問である。海外市場に伝えたい情報は、市場開拓する時に役に立つ情報でなければならない。その視点で日本語のサイト内容を見ると吟味すべき点が浮かび上がってくるはずだ。

海外からのお問合せに迅速に対応できる担当者を任命する

バイリンガルサイトが完成して情報発信を開始すると海外からお問合せが来る。その時、迅速にメールで返答ができる社内体制を作っておく必要がある。お問合せメールは、海外で市場開拓する上での有益な情報源とコンタクト先になる。

どの国からどれだけお問合せメールが届くかで自社の製品やサービスを受け入れていくれる国が推測できるからだ。同時にお問い合わせ先とメールで現地の生情報が入手できるのでその情報を元にして市場開拓の基礎を作り上げられる。

マルチ端末自動対応のホームページシステムとバイリンガルサイトは、海外の市場開拓で有益である。

→ 見込み客を呼び寄せるツール

Joomla CMSホームページシステム・・・どのようなニーズで導入しているのか! 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト