CMSが情報発信のやり方を変える

このサイトは、Joomla(ジュームラ)CMSシステムで構築されている。普通のホームページではない。普通のホームページは裏にシステムがない。システムは、ウエブでの情報発信を専門家の手から一般人の手に移す力がある。

ホームページ=ウエブの専門家がページ作成をして情報発信を行うと思っている人は、時代遅れである。

現在は、個人向けにブログシステム(WordPress)、法人向けにCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)が情報発信ツールとして使われている。ブログもCMSもウエブの専門家の手から一般ユーザーの手にウエブでのコントロール権を渡している。

つまり、

それらのツールを使えば、ウエブの専門知識を必要としないのである。ツールの使い方さえ学べば、ワープロ感覚でページ作成ができてしまう。そんなシステムツールである。

営業のアプローチも時代とともに変化してきている。

足の営業にインターネットの営業アプローチが追加されている。ターゲット客層へのアクセスは、現実の世界とインターネットの世界である。今までは、足での営業で現実の世界だけで物事が考えられてきた。今は、営業といえどもインターネットでアポを取り付けるアプローチが生まれている。

そのためには、営業マンがコントロールする情報発信サイトが必要だ。

インターネットでユーザーは情報を検索して探す。そんなお客を呼び寄せるには、えさになる情報である。ターゲット層のお客が求めている情報をえさにして自分のホームページに潜在顧客を呼び込むのである。

ウエブでの情報発信ツールは、そんな営業マンに適したツールである。ホームページについて一から勉強する必要がない。システム操作だけを学べば、情報のえさをどんどん作れる。システムで構築されたホームページは、ページ作成でお金が発生しない。そのため、好きなだけ情報のえさページを作成できる。

個人として営業をする方は、ブログシステムで。法人の営業マンとして営業する方は、CMSでホームページを構築するといろいろな面で役に立つ。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト