happyになるためには営業で身を立てる心意気が必要だ

営業マンは、自分でお客さんを見つける方法、または、お客さんがあなたを見てけてくるる仕組みが必要だ。

会社にぶら下がっているだけの営業マンは、ある年齢で営業を続けるか、他の職業につくかを決断せざるを得なくなるだろう。

営業マンでいるうちに自分が育て上げた人脈を維持できるようにする必要がある。務めていた会社を退職したと同時に人脈も会社に置いてくるという事にならないように!

お客は、会社につくのではなく、営業マンのあなたにつくのである。または、あなたが築き上げたお客を引き付ける仕組みにやって来るのである。

営業の仕事を今の生活を維持するためだけにするのは、もったいない。

営業力がある人は、起業家になれる素質を持つ。お客を見つける力とお客がやって来る仕組みがあれば、会社にぶら下がって上司にドヤサれることもない。自分のペースで営業が出来る自分の会社を持てる。

別の会社に転職して営業のキャリアを続けるならば、会社の使い捨て人材にならないようにする必要がある。会社を変われば、自分が築いたお客の人脈もその仕組も一緒に付いて来るようにしなければいけない。

お客があなたを探してくれる仕組みづくりは、インターネットを使って構築できる。ホームページの専門家でなくてもCMSというホームページシステムを運用できれば、お客はあなたが提供する情報の餌を求めてやってくる。その様な状態になるまでは、試行錯誤が必要だ。ローマは一日にして成らずである。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト