営業は、最終的に人に会わねば成約できない場合が多い。人に会うまでの道のりと機会の創出が難しい。

 

SNSのグローバル版としてFacebookが話題になっている。主に若者中心に広がっている。ITベンチャー企業は、この流行をうまく使って独自のサービスを構築している。新しいものへの挑戦は、アイディアと即効性で上手く行く、行かないが決まる。動きが鈍い既存企業は、ITベンチャー企業を上手く使うことで流行に乗ろうとする。それを上手く使うのがITベンチャー企業である。

 

新しいメディアツールを上手く使う上でSOHO事業者、個人事業主、ベンチャー企業が可能性を求めて試行錯誤をしている。米国では、80%以上のSOHO事業者、個人事業主、ベンチャー企業が顧客開拓のために使っているという。人とのつながりからお客を紹介していただく機会が増えるからだ。

 

あの人は、この分野ですぐれている。あの会社は、信用があるなどと人とのつながりで広まっていく。ソーシャルネットワーキングは、そんなメリットを生む。

 

しかし、

 

基本は、ネットワークに繋がった人たちにどれだけ役に立つ情報を提供できるかである。Facebookにおいてもメリットを感じる情報が提供できなければ、誰も振り向いてくれない。ホームページでも同様だ。

 

Facebookは、実名で繋がっている人物を知ることができる。Facebookを頻繁に使っている人たちであれば、必要なときにコンタクトが取れやすい。自分の仕事にプラスに成る会社や人にすぐに繋がる仕組みとしては活用すべきツールかも知れない。

 

私もGoyat LLCのFacebookページを作った。このページでCMSホームページシステムの最新情報を随時提供していく。興味が有る方は、「いいね!」ボタンを押してくださいね。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト