Joomla CMSが提供する機能で営業マンが使うとその効果が見えるものがある。

 

仮にAさんがJoomla CMSでターゲット顧客層を狙った情報発信を開始してページ数が100ページ以上になったとする。ページ数が100ページ以上というのは、ページ数が数十ページ程度では体感的にその効果が感じられないからである。

 

潜在顧客は、検索サイトで検索して情報を提供しているホームページにやって来る。情報が潜在顧客をAさんのCMSホームページに導く餌になる。餌が新鮮であり、たくさんの餌がそのホームページにあれば他の潜在顧客もやって来る。このパターンが確立出来ればアクセス数が自然と増加する。

 

Aさんは、潜在顧客を導くための餌(情報)をたくさんページとして作成しただけでそれが達成できる。ただ、ページ作成において検索サイトでヒットされやすい書き方がある。それを支援するSEO対策機能がJoomla CMSにあるのでそれがすぐに使える。

 

検索サイトからやってくる潜在顧客は、いろいろなキーワードを使ってAさんのホームページにやって来る。そのキーワードがどのようなキーワードであるかを知る必要がある。Joomla CMSでは、検索で使われたキーワードを毎日メールで教えてくれる機能を追加できる。少なくとも当社では、そのような機能をサイト構築時にシステムに追加してお客様に提供している。

 

キーワードがわかれば、お客様が何を求めて来ているかが目に見えてくる。情報発信もお客様が求める情報に方向修正ができる。これがCMSで簡単にできる。特にJoomla CMSは、営業マンにすぐに使える便利なツールを提供する。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト