営業マンが夢見る営業はお客が問い合わせてくる営業だ!

ホームページをいち早く営業ツールにした会社は、ホームページの利点を理解している。ホームページが独立した営業マンに匹敵するぐらい稼ぐということを体感する。

ただ、

ホームページがお金をもたらし始めるまで試行錯誤の連続であったという事実を忘れてはならない。多くの会社は、ホームページを立ち上げれば直ぐにお客がやってくると思っている。やってきたのは、売り込みのメールと電話であったという落ちがある。

多くのお客様は、ウエブで情報を探しているという事実は誰でもわかっている。わかっているが自社のホームページの情報を最新の状態にしていない!

なぜなのか?

自社の社員がホームページで情報発信が出来るツールを持っていないためである。一般社員でも直ぐに簡単にページ作成をしてウエブにアップできるツールを持っていないために外部のホームページ業者に丸投げしてしまう。1ページ作成する度に打ち合わせの時間とお金が発生する煩わしさが自社のホームページを最新にする気力をなくす。

お客がホームページ経由でお問い合わせをする時は、色々調べて初めてお問い合わせをしてくる場合が多い。それ故、求めているものがはっきりしている。

お客様にお問い合わせをさせたくなるような情報をホームページに掲載していれば、足で営業しなくても向こうからお客がやって来る。究極の営業マンは、ホームページであるという会社もある。

営業チーム単位で自分たちの営業を支援する営業情報発信ポータルサイトを持つとお客は向こうからやってくる。ターゲット顧客層が求めている情報を毎日誰かが発信していれば、あっという間に100ページ、200ページの情報ポータルサイトが構築で来てしまう。

営業チームは、いろいろな売り込みの情報を持っている。お客様が求めている情報が手元にあるはずだ。その情報をワープロ感覚でページにしていけば良いだけだ。目標を絞り込んだ情報ポータルサイトを幾つも持つことでお客を捕まえる情報ネットを広めることが出来る。

この発想は中小企業の社長にはない。社長は、ホームページをただの看板でしかないと思っているからだ。今までのホームページは、ホームページの専門家でしか作成が出来なかった。そのため、インターネットの看板屋にお願いして作ったという感覚である。

時代は、変わった。

CMSホームページシステムというツールがあれば、一般社員が自由にページ作成ができてしまう。それも何ページ作成してもお金が発生しない。いくらでも情報をウエブにタイムリーに掲載できる。そんなツールがあるのにそれを知らないために

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト