会社、または、自分の営業ホームページでターゲット顧客層を狙った情報発信がなされても一向にアクセスが増えないという現象に悩まされる。これが普通である。落胆する必要はない。これを改善するには、自分のホームページに検索でやってきた人が使ったキーワードを分析する必要がある。

 

ただ、気をつける必要がある。

 

検索でヒットしてきた訪問者は、ホームページにそのキーワードがあったから来たのである。このことが何を示すかを良く考えてもらいたい。

 

ホームページ上にいろいろなキーワードでページや情報が書かれていないと検索サイトでヒットしないという事実である。検索サイトで検索されるキーワードがたくさんホームページにあればどれかにヒットして自分のホームページにやって来る。キーワードがたくさんあるという意味合いは、ページタイトルにひとつキーワードをいれてそのキーワードに関する情報がページ内にあるということである。

 

例えば、ターゲット顧客層が検索で使いそうなキーワードを100書きだして一つ一つページタイトルにいれてページを作成する。これで100のキーワードに焦点を合わせたページが作成できる。3ヶ月か6ヶ月かけて100のキーワードでどれだけ検索にヒットしてターゲット顧客がやって来たかをサイト分析機能で調べる。

 

ある程度の数で特定のキーワードがヒットしているならば、そのキーワードに関連したキーワードでどんどんページを作っていく。ここまで出来れば、あとはページ数とコンテンツの質の勝負となる。

 

Joomla CMSシステムでサイト構築をすると上記の作業が一般の人でも簡単にできる。それも同時に複数人でページ作成を行える。100人いれば、1日で作業が完成してしまう。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト