お客を集める仕掛け - 新規顧客開拓と営業方法

  • 【メルマガ発行者向け】メルマガで新規読者を失わない方法を教えます

    営業マンはメルマガを使って潜在顧客を集めてお問い合わせ先リストを増やしている。問題なのは、メルマガを発行する度に読者を失って行くという現実だ。本当にロイヤルな読者を維持するにはどうしたら良いのだろかと悩んでいないだろうか。

    【メルマガ発行者向け】メルマガで新規読者を失わない方法を教えます。

  • 営業は魚釣りと同じ!

    営業マンはお客を探すときにどのような事をしているのだろうか。何も下準備しないで会社から与えられて電話リストに電話するのは、最低の営業方法だ。

    魚釣りに出かける時にどのような準備をするか考えてほしい。まず、魚が釣れる場所を決める必要がある。一つの場所ではだめだ。最初から複数個所を決めてから具体的に魚を釣る準備を事前にするはずだ。

    自分が釣りたい魚はどこに潜んでいるかを知るためには何をするのか。これが分かればそこのポイントで釣り始められる。

    <探しているお客はどこにいる>

  • 営業マンでも出来るコンテンツマーケティング

    コンテンツマーケティングという見込み客育成方法がある。これは、見込み客に見つけてもらうというやり方で待ちの営業になる。この仕組みは営業マンでも作れる。

    ただし、

    何をやるにも簡単にはできないし、それなりの苦労はつきものである。それが嫌な人は以下の内容は無意味であるので読まないでください!

    コンテンツマーケティングはシンプルな仕掛けである!

    あなたが探している客層を明確にすることから始まる。その客層の人に自分が発信する情報を見つけてもらうようにしなければならない。そのためには、ターゲット客層が求めているであろう情報を明確にして絶えず新鮮な情報を発信し続けることにある。

    つまり、

    ターゲット客層の人が、検索で探す情報を自分が発信していることが大前提になる。検索でヒットするようなブログサイト、または、CMSサイトを自分で運営して継続的にページ化していくことである。

    ターゲット客層に絞り込まれたコンテンツサイトであればあるほど見込み客になる訪問者が集まる。コンテンツに興味ない人は最初から見込み客にはならないし、検索でやってこない。

    もう一度言う。

    ターゲット客層の人が求めている情報に絞り込んだホームページを作ることだ。そのような情報(コンテンツ)が沢山あるホームページであると自然にターゲット客が検索で集まってくる。このステージなるまで地道な情報発信を行う必要がある。ローマは一日にしてならず!

    準備するもの

    1.広告表示がないブログサイト(有償のレンタルサーバーを使う)

    2.ブログシステムを導入する(または、レンタルサーバーが提供するブログを活用する)

    このレンタルサーバーを使うとブログシステム機能が使える。スタンダードのレンタルサーバーで十分であるのでここのサーバー機能にあるブログシステムを使うと良い。

    個人のサイトは、スタンダードサーバー (反応スピードが遅いかもしれません)
    個人のサイトは、スタンダードサーバー (反応スピードが遅いかもしれません)
    個人のサイトは、スタンダードサーバー (反応スピードが遅いかもしれません)

    3.自分が取り扱う製品やサービスに関わる情報リスト(自社製品以外に関連する情報を沢山記事にする)

    ブログは、継続が命。継続して情報発信が出来なくなった時点で終わる。したがって、記事カレンダーと事前に作って置くと良い。

    記事カレンダーとは

    3ヶ月単位で1週間に1記事を書くというスケジュールと仮定して、1ヶ月に4記事。3ヶ月に12記事になる。ブログ記事のタイトルだけを最初に12個決めておく。記事タイトルを決める時にそのタイトルでA4一ページぐらいのコンテンツを書けるかどうかを確認する。情報が足りなければ補完する情報を探しておく。

    事前に今週書くべき記事内容が分かっていれば、記事を書く時にどんな内容の記事にしようかなどと迷うことはないからだ。これを3ヶ月おきに記事タイトルリストを作ってブログ記事を継続的に発信していくのである。これだけの作業で時間をかければ潜在的な顧客を集めるしかけができてしまう。多くの営業マンは、こんな面倒で時間がかかる事なんてやってられないと言ってやらない!

    だから、

    あなたはやるのである。他の営業マンとの差別化は、人が嫌がることをやって出てくる。これは真実である。そこには競争がない。

     

    1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
    2. 成約率を上げたい人は、このサイト
    3. 営業で心が折れた人は、このサイト
    4. 営業がわからない人は、このサイト
    5. 私にあった営業方法は、このサイト
    6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト