営業したら門前払いされた?

門前払いされた!次回はどうしようか。

 

なぜ、門前払いされたのだろうか。まず、その理由を調べることだ。訪問先はどの様に探してどの様な訪問をしたのか。飛び込み営業で門前払いされたのならば、どのようなお断りの言葉を頂いたのか。なぜを追求してから、次回に同じ門前払いをされないようにする。

 

私は、良く電話で飛び込み営業をされる。つまり、電話による売込みだ。聞きなれない会社の名前。話し方がマニュアル化している。最初の言葉から「これは売り込みだな!」と分かるトーク。お客ならば、こんな話し方はしない。この間、30秒もかからない。最初の30秒で話を聞く、聞かないが判断できる。

 

売り込む会社が売り込む製品やサービスとは関連性がない会社であれば門前払いは当たり前。事前に売り込む会社を調べていないために門前払いは起こる。または、会社で使っている営業先リストが既に先輩や同僚によって使われていた場合などは、100%門前払いだろう。

門前払いを少なくするには、

  1. 訪問すべき会社を調べて売り込む製品やサービスを受け入れやすい会社かどうかを判断
  2. 自分で探した会社だけにする
  3. 電話で担当者の名前を聞きだす
  4. 担当者に売り込むのではなく、その会社の困りごとを聞く


多くの門前払いは、事前の下調べと戦略が不十分なために起こる。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト