社長の悩みを聞いてくれる人になるには

中小企業の経営者は、内と外の悩みを持っている。私も同様に悩みをかかえている。売上が少ないと今月は赤字になる。赤字になると大蔵省が将来が不安と言い始める。ビジネスには株式のように良い時も悪い時もあるのだよと話しても理解出来ないらしい。一番苦しいのは、売上が上がらない社長だ。その悩みを話して気持ちを一時的にも楽にしたいと思っている。

 

営業マンも同様に今月の売上が目標に達していないと上司からもっと売上を上げる努力をしろと激が飛ぶ。

売上がすぐに上がるようならば既にやっているよ!と言いたい!難しいから営業マンも経営者も悩みをぶつける相談相手を探す。営業マンは、友人に。社長は、他社の社長か長年付き合っている友人や知人だ。時には、顧問税理士や公認会計士、または、コンサルタントだ。

 

相談する相手がいれば精神的に楽になるが、誰もがそのような状況にいない。どうしたら良いのか。会社経営者は、悩んでいる。その悩みを解決できる、または、軽減できる提案が営業マンから聞ければ打ち合わせの時間を作ってくれる。

 

でも、

 

社長は、「私、今、悩んでいます。助けて下さい。」なんて言えません。表情にも出せません。社員の目を気にする。営業マンは、知恵を困っている社長に授ける必要がある。提案力=問題解決力。社長の悩みをどのようにしたら聞けるのか。これが命題だ。社長とお友達にならないと何も始まりません。

 

社長は、どこで悩みを解決しようとするのか。自分で解決する方法は既にやっているので、新しい情報を求めて勉強会、研修会、業界団体、インターネットで検索、知人と飲みながらそれとなくヒントを得る。

 

こんな感じだろうか。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト