売り込まない営業とは

いつも逆が成功する!

 

営業マンは売り込みが重要と思っている。売り込まない営業があることを知らない。

 

売り込まない営業とは、自社の製品やサービスを自分から売らない営業である。

 

言葉通り実行すると営業マンではなくなると思う人が大勢いる。たしかにそうである。ちょっと、過去を振り返ってもらいたい。営業で売上が立てられたのは、売り込んで成約できた案件数とどこからとものなく案件が舞い込んできた数(過去に接点があったお客)とどちらが多いのだろうか。

 

私のビジネスでは、圧倒的に売り込まない営業から成約を頂いた数が多い。

 

営業する相手が必ずしも自社の製品やサービスを求めていないからだ。タイミングが合えば、良いのだが。通常はタイミングが分からない。

 

だから、

 

売り込んで嫌がられて相手にされなくなるよりも売り込まないでお付き合いだけが継続できるようにする営業が重要なのである。多分、受身の営業であるホームページでも同じことが言える。

 

売り込まない営業マン、無口の営業マンがなぜトップセールスになるかが分かる。お客に嫌われない営業をしているからだ。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト