営業がうまい人はどんな人ですか?

営業がうまい人、営業が得意な人、営業が生きがいな人。

 

営業がうまくいかない人のほうが多い世の中である。特に不況と言われる時代には、営業がうまい人が大出世する。営業が上手ければ、会社は儲かる。会社が儲かれば、営業のうまい人も儲かる。

 

しかし、

 

営業の上手い人は、少ない。ずっと、うまい人も少ない。必ず、上がったり下がったりする。トップセールスと言われた営業マンがやめて資格を取り、別の職業を探している。営業がうまくてもそれだけでずっと生きて行けないのではないか。そんな疑問がある。

 

営業が上手い人は、売り込みをしない。それはトップセールスと呼ばれる人たちの間で共通している。話をしていても聞きて上手である。じっくり聞いてくれて、次に会う時に喜ばせてくれるおみやげをくれる。おみやげとは、その人に取って役に立つ情報であったり、人の紹介であったりする。

 

つまり、

 

お客の話をじっくり聞いてお客さんが喜ぶことは何かを探すのである。それが見えてくれば、アポイントも取りやすくなり、お客さんの心を捕まえられる。お客さんに取ってプラスに感じる人間になることが営業の上手い人の共通点である。

 

初対面でじっくり話してくれないお客様が多い。何度も顔を会わせることが入り口である。当たり前の当たり前である。その当たり前が出来ない営業マンが多い。何度もお客さんに会う理由を作れないからだ。

 

なにかヒントになれば幸だ。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト