誰でもネットで営業できますか?

ネットで営業するという言葉があるが、どのような営業のことを意味しているのだろうか。

 

一般的にメールとホームページが基本であるが、最近ではTwitterやFacebookなどのソーシャルメディア経由でお客様探しをしている営業マンがいる。特にインターネットビジネス関連の会社の営業マンが多い。

 

ネットでの営業は、直販売に結びつける営業ではなく、きっかけを作るための営業になる。営業マンは、E-Commerceサイトで商品やサービスを営業していない。対面販売が基本であるからだ。人に会わなければ営業が始まらない。

 

それゆえ、

 

ネットで営業するの意味は、人に会うためのきっかけ作りをネットで行なうという意味である。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト