営業を続けられる気力を保つにはどうしたら良いか?

「営業は断られて始まる」という言葉を聞いたことがありませんか!

これは、営業経験がある人は誰でも聞く言葉です。最初から営業がうまくいかないからです。営業は、「場」を踏まないと成功するコツが掴めないとも言われます。何回も何回も断られて、「なぜ?」と思い、その理由を探し出す。何故の理由がわかるとそれを改善すれば、少しづつ良い結果が生まれてきます。

一番重要なのは、気力を保つということです。

アプローチするお客さんから断られることが続くと人間誰しも営業を続ける意欲が衰えてしまいます。前向きに営業を続けるには、気力を保つ方法を身につける必要があります。

気力を保つには、

  1. Better Tomorrowを信じる(明日に希望をつなげる)
  2. 一つでも良いことを意識して見つける(気分が良くなる)
  3. 1週間に一度営業のことを忘れる事をする

この3つの事を意識して行ってください。どれか一つが気分を良い方向に変えてくれます。人間は面白いもので落ち込んでいるときにちょっとでも良い事が訪れると一瞬にして良い気分になるのです。明るい兆しをそこに見つけるからです。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト