営業マンの離職率は高い

経営者として営業マンを雇う時に、どう思うかを知って頂きたい。

ある営業会社は、見習い期間を6ヶ月間(通常の会社であれば3ヶ月間)としている。

なぜか?

経営者にとって人材を雇うというのは、リスクであるからだ。良い人材に巡りあえば良いのだが、そればかりは雇用して様子を見ないとわからない。売上に貢献できない人材をやとった時は、お金を捨てているような状態になる。

営業マンを雇う時は、売り上げに直接影響するため慎重になる。できるだけ、会社にとってリスクが発生しないやり方で営業マンを雇用する方法を取る。

雇い入れる営業マンが本当に売り上げを建てることが出来るかの様子を見るために見習い期間(お試し期間)がある。営業マンは、離職率が高いため売上に貢献しない営業マンが多く出回っているという事実を経営者はわかっている。

中途採用の営業マンは、自分の実力を売り込んでくる。言葉と過去の実績は、お試し期間に試される。この期間に実績を残さないと本採用にならない。そのために入社と同時に退社が多くなる。

営業マンにしてみれば、売りやすい商品やサービス、営業しやすい会社を探すのだがその会社で働いてみないと実態はわからない。

営業は、たしかに難しい。

営業は簡単だよ!と言っている人がいたら、その人は嘘をいっている。なぜならば、営業が簡単ならばその人は既に資産家に成っていて営業の仕事なんかやる必要がないからだ。だから、嘘をついている。そんな先輩がいたら、相手にしないことだ。

経営者は、営業マンの言葉を信じない。信じるのは、営業マンが実行するアクションだけだ。営業マンのアクションが経営者にとってプラスになると印象付ければ信頼の絆のベースが産まれる。

営業マンを雇用する時、まず、お試しで泳がせる。その結果で営業マンを本採用する、しないを選ぶのだが最終的にはその営業マンの誠実さを見る。

つまり、

本採用する新規の営業マンは、出来るだけ長く雇用したいからだ。そのためには、それに答えてくれる誠実さを営業マンに求めることになる。

あなたは、どちらの会社にアプローチすべきか?

  1. 見習い期間 3ヶ月の会社
  2. 見習い期間 6ケ月の会社

私のオススメは、2番だ。3ヶ月間では、その会社に慣れるだけで本当の実力を発揮できない。半年間じっくりとその会社の製品やサービス、そして、社長さんとの相性を学んだほうが良い。

とはいえ、半年間の見習い雇用条件にもよるが。

半年間で直ぐに売り上げに貢献できれば、その会社で働くか、別の会社を探すかの立場になる。営業マンの強みは、お客を見つけて売上を立てられる力があるか、ないかである。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト