飛び込み営業の持ち物飛び込み営業をやれと言われた!でも・・・

飛び込み営業とは、訪問先とアポイントを取らないで勝手に会社に訪問して売り込みをかける営業だ。営業は、会社の誰かであるが担当を紹介してくれれば営業の入り口に入れる。別名、押し売り営業とも言われる。事前の予告も無く突然会社訪問し、この製品を買ってくれないかという売込みだ。99%断られる。

 

でも、飛び込み営業を上司は新入社員にやれと言う。

 

飛び込み営業のメリットは、(1)特定地域の土地感が学べる、(2)色々な会社にめぐり合える、(3)断れることに慣れる。ディメリットは、(1)営業が嫌いに成る、(2)新しいお客が見つけられない、(3)疲れていやに成る。

 

上司は、なぜ飛び込み営業を新入社員にやらせるのだろうか。結果は予測できている。分かっていてやらせているのは何か理由があるはずだ。

 

営業は、楽でないと言うことを知らしめる。精神的にタフでないと営業は勤まらない。断られることに慣れないと先に進むことが出来ない。営業は、お客に受け入れられるにはどうしたら良いかで始まる。受け入れられる方法を考えて実践していかなければ成功しない。失敗は成功の素。

 

新入社員は、営業のことが分かっていないからカラダで営業を体験させる。飛び込み営業は、営業マンたるための洗礼なのだ。一種の儀式だ。上司から、「営業マンに成れておめでとう!」というメッセージが飛び込み営業体験なのだ。

 

不況時には、99%断られると分かっていながら社員全員が飛び込み営業をしないと会社が存続できない場合がある。そのとき、この体験に耐えられた社員は、会社を救う。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト