営業なんてやった事がない社員が営業をやれと言われて困っています。

はい。このような事はどの会社にも起こる可能性があります。大企業でもリストラのために意図的にエンジニアや他の職種の社員を営業に回す事があります。後は、売り上げが伸びないために全社員が営業マンにならないとやっていけないという場合もあります。多くの場合は、売り上げを伸ばすために間接要員を営業に回して少しでもお客を見つけるためです。

間接業務を長年やっていた社員が突然営業をやれと言われても何をどうやったら良いか分からないのが当たり前ですね。

こんな状況に陥ったら・・・

自社製品やサービス内容は十分理解できている方が多いはずですので、分からないのは何処に行けばお客さんを見つけられるかです。飛び込み営業という方法がありますが、素人がやると100%時間と労力の無駄になりますのでお勧めしません!

新しいお客を見つけるのは、営業のプロでも至難の業です。ですので、苦労するのは当たり前と認識して下さい。

おすすめの方法が2つあります。

1.ターゲットの客層が集まる懇親会付きのセミナーや勉強会に参加する。

ウエブ検索で懇親会付きセミナーや勉強会を探して申し込みます。有料、無料がありますが有料のセミナーや勉強会を選択して下さい。お金を支払ってまでも参加する人たちは質が良いお客さんであるからです。無料セミナーや勉強会は、自分のお客を見る目を養うためだけに参加したら良いでしょう。無理して営業しても無駄な場合が多いからです。ゴミが集まっています。

2.自分でターゲット顧客を集める仕掛けを作る。

この仕掛けは、時間をかけて作ります。ターゲットの客層が求めるだろうと思われる情報ポータルサイトを作るのです。そして、餌を提供して会員登録をしてもらうのです。会員登録をすると潜在顧客のメールアドレスと名前、または、会社名などが手に入ります。情報ポータルサイトは、会員登録機能があるJoomla CMSというライセンスフリーのホームページシステムを使うと便利です。

Joomla CMSについては上記のリンク先サイトを参照して下さい。今は、会員登録して頂いた潜在顧客を如何にして自分のお客にするかです。会員登録=お客というわけにはいきません。潜在顧客リストです。ここで登録して頂いた方が本当のお客になるかどうかは、あなたが提供する通知情報メールの内容に依存します。

Joomla CMSのホームページシステムには、登録者に一斉同報メール送信が出来る機能があります。1000名まで対応できます。通知メールは、新しい記事をホームページで公開した時に送ります。こんな感じの内容で十分です。

---

○○サイトの会員登録者様へのお知らせです。

「時間と予算がない-営業をしないといけない 」

http://kyaku.info/ceo-uses-cms-for-sales/403-no-time-and-budget.html

上記内容の記事を公開しましたのでご一読下さい。

---

これだけです。メルマガではありませんのでこれだけで十分です。あえて追加するならば、公開した記事のイントロ内容ぐらいです。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト