やる気満々の若き営業マンが大勢いる。最初の半年は、若きエネルギーでお客を目指してアッタクし続ける。半年を過ぎる頃、エネルギーが続かなくなりやる気を失い始める。成功体験が少ないため、累積した失敗経験だけが記憶に残るからだ。人間は、マイナスの経験を受けつづけるとマイナス思考になりやすい。

 

マイナス思考になる前にプラス思考に変えないとうつ病にの一歩手前になる。

 

漲る若きエネルギーをストレートに使い果たしてもうまくいかない。世の中は複雑で屈曲している世界である。頭で想像した、営業の本で読んで学んだ世界は、存在しない。過去に存在したが現実はリアルタイムで変化している。今を感じて営業戦略を練る必要がある。

 

攻めの営業を半年間やってきても売上が期待したほど達成できない営業マンは、受身の営業をやって見る価値がある。

 

受身の営業とは、

 

見込客を自分が作った釣り堀に誘導して囲い込む営業方法である。典型的な例は、法人営業であるならばセミナー開催である。ターゲット法人業界にアピールできるスピーカーを餌にお客を集める。無料でやるか、有料でやるかでお客の質が変わる。無料は、招かざるお客を集める可能性が高いためお客の質が悪くなる。有料にするとお客の質は高くなるが数が見込めない。集めるための時間とコストが高くつく。

 

これから受身の営業をやろうとする会社は、ホームページシステムを使った見込客の囲い込み方法が有望だろう。24時間365日見込客を探し続けてくれる。

 

売上は、直ぐには上がらないが、追い求めて努力をしていけばチャンスが生まれる。ホームページシステムを使って見込客が求めている情報を定期的に発信し続けているとリピート読者になってホームページシステムに集まってくる。当然、集まってきた見込客を捕まえる仕組みが必要だ。会員登録機能を使う。登録機能でメールアドレス、電話番号、名前、そして、会社名を取得する。

 

あとは、

 

通常の営業マンが行う営業活動となる。メールや電話だ。会員登録までするほどの読者だから質の良い見込客である。多くの見込み客リストが自然と集まる仕組みがホームページシステムで構築可能だ。

 

前提条件は、

 

見込客が求めている情報を定期的にホームページ上で発信し続けるということとやってきた見込客を捕まえる会員登録機能とサイト内動向を見ることができるサイト分析機能である。それを可能にするシステムがある。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト