会社から営業担当を命じられた社員が一番困ることは、営業のアプローチ方法である。どのように営業すればよいか分からない。あたりかまわず会社のドアを叩いて売り込みをしても先が見えている。

 

では、どのような営業アプローチが良いのだろうか。

 

自分が販売する製品や提供するサービスを必要とする会社が事前に分かっていれば、営業は簡単である。電話をしてアポイントメントをとればよい。現実の話、これがわかれば苦労しない。

 

営業アプローチに困っている営業マンは、どの会社にどのように営業すればそのニーズが分かるかである。ニーズを見つけるための営業が必要である。営業アプローチを考えるときアプローチできる会社であるかどうかだ。最初から壁が高い会社はいろいろな角度から打ち合わせを持てる隙間を探す必要がある。当然、時間がかかる。

 

アプローチが出来ると思われる会社であれば、窓口になってあってくれる担当者にどのようなアプローチするかである。通常考えられるアプローチとして電話、メール、ダイレクトメール、ダイレクトファックスなどがある。普通の営業マンであれば既に実行済みだろう。

 

上記のやり方で打ち合わせのアポイントができない場合は、相手の気を引く餌を用意する必要がある。ターゲット先の担当者は、いつも自社のビジネスにプラスに成る製品やサービスを探している。十中八九、インターネットで検索している。あなたがやるべきことは、あなたの会社がやるべきことは、ターゲット会社の担当者が検索するときにヒットする情報発信サイトを複数人の営業マンと一緒に作り上げることである。

 

仮に10人営業マンがいるとする。10人がそれぞれの製品やサービスに付いて毎日1ページ情報発信をする。30日で300ページのホームページが出来上がる。それも、ターゲット会社の担当者が興味をもちそうなテーマの情報のホームページである。

 

300ページのホームページが検索サイトでヒットし始めるまで3ヶ月ぐらいの時間が必要である。3ヶ月立てばターゲット顧客層と思われる会社からのアクセスがホームページで読み取れるようになる。

 

 

上記の事を実行するには、営業部が運用できる営業支援ホームページシステムが必要である。Joomla CMSホームページシステムであれば上記の事をすぐに出来る。サイト構築にかかる時間は、3日間だけである。必要な機能は、サイト構築時に導入されるのでホームページシステムが出来上がった状態(コンテンツページはない状態)で10人の営業マンがそれぞれのテーマで情報発信が開始できる。

 

多人数でそれぞれが同時にページ作成ができる。1ヶ月後には、サイトにアクセスしてきている見込み顧客のサイト内動向をリアルタイムで見ることが出来る。

 

この時点で営業マンは、サイトを逆引きしてその会社が探している情報を提供する電話を入れることができる。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト