自分のスケジュールをうろ覚えで新しいアポを取ってしまった!

こんな失敗は、日常茶飯事ではないか。わたしも良くやってしまう。手元にある紙の手帳とノートパソコンにあるスケジュール帳との連動が上手く出来ていないときに良くやってしまう。

最近では、1ヶ月前に電話でアポを取ったのだが、後でノートパソコンのスケジュール帳を見たときに同じ時間に別のアポが入っていた。その時に何をしたか。

メールでダブルブッキングであったことを謝罪して別の日程候補を依頼した。さらに、電話で直ぐに相手にコンタクトを取りアポの撮り直しをした。失敗したときは、迅速に!これができないと深く傷を負う。

本当は、こんな習慣をつけたいと思っている。

  1. アポを取る前に手元にスケジュール帳を置いておく。
  2. アポ予定日の1日前に確認のメールを相手に送る。
  3. 返事がない場合は、電話を入れる。

アポ間違いというか、勘違いで日時を間違えるという失敗も多い。事が起きてしまった場合は、とにかく、相手に平謝りの電話とメールを差し上げる。または、会社に訪問して謝罪する。1回ぐらいの間違いならば、相手も経験があるため許してくれる。ただ、これが続くと信用が問われてしまう。

失敗は一度だけ!

二度と同じ失敗をしないよう私は、失敗手帳を書いている。

失敗手帳を書き始めてから同じ失敗をやらなくなった。失敗手帳は、効果がある。多くの営業マンは、成功手帳を書くかも知れないが本当は失敗手帳のほうが自分の為になる。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト