インターネットにお客はいる

新規のお客はインターネットにいる!

 

今までの営業マンは、営業は足でやると思い込んでいる。

 

インターネットがこれだけ広まってくると営業マン一人一人が、足だけでなく独自のホームページで自分が扱う製品やサービスの情報発信をする必要が出てくる。積極的な営業マンは、足で営業しながらインターネットのホームページで見込み客を集めている。

 

お客さんは、製品やサービスを探すときまずインターネットで検索する。

 

会社のホームページにある情報は、営業マンが提供する情報とは違う。情報は、一般的なことでしかなく、お客様が本当に欲しい情報は、営業マンが知っているからだ。その情報を自分なりに消化してお客にわかりやすい説明をホームページで発信するとお問い合わせがやってくる。

 

地道な情報の発信努力が求められるが、ページ数が増えるに従って色々なキーワードで自分のサイトにやってくることが分かる。

 

インターネットに自分の仕事を支援する情報発信サイトを持とう。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト