インターネットの世界で顧客開拓

営業マンは、現実の世界で営業をしようとしているが・・・

 

朝、会社に出社する。今日の営業先を考える。事前にアポイント先がスケジュールされていれば行くべき会社がある。営業先がない場合(これがほとんどの営業マンの実態だ)、とにかく外出する。カフェに入ってモバイルPCとにらめっこ。電話でメールでアポが取れそうな会社を検索で探す。

 

検索のキーワードは、  会社概要 + 業界特有の言葉 (例えば、会社概要 + ホームページ制作)でリストされた会社を調べる。電話番号やメールアドレスをメモしてアプローチ先リストを作る。ある程度出来上がったら、一社づつ電話でコンタクトを取る。

 

こんなやり方で当社のホームページにやってくる営業マンが手に取るように分かる。Joomla CMSに特別なサイト分析機能を追加して訪問者の情報をリアルタイムで見えるようにしているからだ。Joomla CMSは、会社が運営する規模が大きいホームページシステムである。

 

個人向けのホームページシステムで訪問者の情報をリアルタイムで見えるようにしているツールもある。訪問者情報をリアルタイムで見えるようになると訪問者のニーズが見えてくる。あとは、訪問者のサイトを逆引きすれば相手の会社が分かる。そんな仕組みを提供している。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト