ニーズがない人に売り込んでも意味が無い

営業の仕事は、ニーズを探すこと

自社サービスや商品のニーズがある市場を探す。これをマーケティングと呼ぶ。ターゲット市場を明確にすることが出来れば、その市場で自社製品やサービスを受け入れるニーズがあるかを調べる。

 

そのためには、

自分の手足で見込客と接触する必要がある。接触してお客さんの反応が良ければ、その市場にニーズがあると判断する。ニーズがあるとわかれば、どのようなアプローチでお客様に認知ししてもらえるかを考える。

 

つまり、

 

告知と宣伝でニーズがあるお客様を水面まで誘き寄せて営業活動をする。

 

釣りに例えると魚がいそうな場所を探す。何度か、釣れそうなポイントで釣りをしてみる。あたりがなければ、場所を移動する。あたりがあった場所が見つかれば、その場所に撒き餌を撒いて魚をもっと集める。魚が集まってくれば、釣り竿を増やして魚を沢山釣り上げる。

 

こんな感じだ。

 

要約すると

  1. ニーズがある市場を見つける
  2. 広告や告知活動をその市場で行なう
  3. お客からの問い合わせを見える化して個別に営業する

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト