営業の基本は、見込客を集めることだ

ビジネスの経営者として下記の3つの基本をいつも頭に入れている。


1 見込み客を集める
2 集まった見込み客に販売する
3 既存客にリピート購入の機会を増やす

 

この3つの基本は、当たり前の当たり前である。

でも、

 当たり前が出来ないのである。インターネットのビジネスは、ホームページを集客サイトに育て上げないとビジネスが始まらない。集客サイトになっていないのにホームページでネットショップを始める会社が多い。やり方が最初から間違っていることを知らない。

 見込客は、検索サイトで情報を探す。見込客は、探している情報があるホームページにやって来る。情報があれば、そして、継続的に新鮮な情報がアップされ続ければ、また、このサイトにやって来る。この繰り返しで徐々にサイトが集客サイトになっていく。

 集客サイトになるには、餌が必要である。餌は、情報である。ターゲット市場の見込客が探している情報を沢山発信しているホームページであれば、自然と検索でヒットする。直ぐにはヒットしない。時間をかけてサイトを育てていく必要がある。10ページ、20ページのホームページでは、無理だ。少なくとも100ページ以上の情報発信サイトでなければならない。

 検索にヒットし始めてリピーターが増え始めれば、やっと、ネットショップが始められる。見込客が求めるサービスや製品をサイト上に公開するだけで直ぐに売り上げが立てることができる。ターゲット客層が集まるサイトに育て上げたからだ。

 このプロセスを知らないで多くのネットショップが生まれている。ほとんどが半年後にネットショップをやめている。

 現実のビジネスの世界でもターゲット市場の見込客を集めるためにイベントやキャンペーンを行なっている。B2B市場では、無料セミナーが定番である。インターネットでも現実の世界でも情報をもとめている。手元にある情報をどのような形で発信するかで情報が見込客に伝わるかどうかが決まる。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト

 

folder_yellow営業ツールとして使えるJoomla CMSホームページ制作のお問い合わせはこちらまで。