ウエブ

情報発信=集客という式がある!

インターネットの世界が広がっている。携帯電話でもフルブラウザー(PCで見るホームページが見えるブラウザー)で見れるPC用ホームページにアクセスできるようになった。ホームページがあれば、自分のお店も持てる。ECサイトにするのか、情報発信サイトにするのかは、営業マンであるあなた次第だ。あなたのビジネスを助けるホームページを自分の力で自由にコントロールできるウエブサイトを持つべきだ。

多くの営業マンは、ウエブデザイナーではない。ホームページの専門知識もない。そんな営業マンに情報発信のためのホームページを作れというのは難しい。

だが、Joomla CMSというホームページシステムを使えば上記の問題は全て解決する。そんなウエブサイトを持てばウエブサイトを営業ツールにすることが自由自在になる。後は、ホームページで発信する情報を入れ込むだけだ。

ターゲットを絞り込んだお客を自分のホームページに誘導するには、いくつかの前提条件をクリアーしなければならない。

  • Google やYahooで検索され、上位ページにリストされること
  • 検索されるKeywordsがターゲット層に絞り込まれていること
  • コンテンツページ数が100以上あること
  • 関連サイトにリンクがされていること
  • コンテンツからお問い合わせに誘導できるような書き方であること
  • 売り込みだけでなく本当に役に立つ情報を惜しみなく提供し続けること

自分で情報発信が出来るホームページは、情報の資産になる。ページ数とコンテンツの内容が多くの方に共有されればされるほど集客サイトになる。集客サイトになれば、お客を集めるだけでなく広告ビジネスも出来てしまう。さらに、アフィリエイトビジネスも展開できてしまう。

Joomla CMSは、簡単にコンテンツページを無料で作れてしまう(ウエブデザイナーにお願いすると1ページ1万円ほどコストが発生する)かかる。そんなコストが発生しないJoomla CMSで作られたウエブサイトであれば、1000ページのサイトも時間の問題で作れてしまう。

ページ数は、インターネットの世界では情報ポータルとして重要な要素だ。ウエブは、企業のように多額の資本投資を必要としない。個人でも中小企業でも簡単に投資できる金額で将来の情報資産を作れてしまう。