セミナー

懇親会があるセミナーを狙う!

セミナーは、二つの意味で営業マンを助ける。

(1) 関心があるテーマで勉強が出来る。

(2) 経営者向けのセミナーであれば会社の社長や幹部が集まるので良い出会いが期待できる。

人脈作りには、セミナーの後に懇親会(名刺交換会や交流会など)があるものが有望である。セミナーだけで何も参加者との交流が無いものは、本当に学びだけのセミナーになる。セミナーは、セミナー内容でターゲット参加者が絞り込まれる。不動産の営業をしているならば、不動産関連のセミナーに参加すれば良い。

法人市場向けのサービスを提供している営業マンであれば、決定権を持っている中小企業の社長や部長が参加するセミナーに顔を出して見ることだ。一回だけで終わるセミナーではなく数回行われるセミナーで参加者同士が触れ合う機会があるものを探すことだ。何回か参加して隣の人や前の人と仲良くなれば、自ずと名刺交換までいける。その後は、営業トークにならないように相手の仕事について聞き手に回る。まず、相手を知ることだ。これが一番大事だ。

そのようなセミナーに参加すれば直ぐにお客様が見つかると思ってはいけない。

関心を盛ってくれるだろうと言う潜在的なお客が見つかる程度と思うべきだ。縁があれば、そのきっかけで営業につながる。こればかりは、運しだいだ。選択したセミナーが的外れでも決して希望を捨ててはいけない。潜在的なお客がいなければ、知り合った方の人脈を使ってお客を紹介していただけるようにすれば良い。つまり、友達づきあいが出来れば、自ずとお客につながるのである。

ヒットしたセミナーには、何度も参加すべきだ。毎回毎回、違った顔ぶれ成るから良い種を埋める場に成るだろう。もし、一度参加して感覚的にこのセミナーは2回目も参加しても意味がないという印象があれば、止めるべきだ。自分の感で判断してよい。

セミナーは、事前に予約申し込みが必要だ。懇親会があるセミナーを事前に調べて申し込みをすれば、ある程度の営業活動のスケジュールが前もって決められる。

セミナーでお客との縁が無くてもセミナーで何かを学べる。少なくとも何かを学んで帰ってくると言うことを忘れない。