パンフレット

パンフレットは必要か。

 

有形の製品を販売するビジネスを展開している会社は、商品カタログやパンフレットが必須だと思う。無形のサービスでもパンフレットがあればプラスになる。こんなことを書いている私の会社では、まだ、パンフレットを作成していない。

ただ、

Power Pointで作成した資料を印刷したものやPDFにしたものをホームページに掲載していつでも訪問客がダウンロードできるようにしている。詳細情報は、ウエブサイトでどうぞと言うのが簡単なためだ。

パンフレットが出来上がるまで時間がかかる。同時に、制作会社にお願いするためコストも発生する。内容が時間と共に変わるものであると1年後に残ったパンフレットを捨てることになる。無駄が発生する。そんな理由もあり、当社ではパンフレットを作成していない。全てをデジタルデータにしてダウンロードできるPDFにしている。

集客サイト構築がサービスであるためパンフレットでシステムを紹介するのが難しい。多機能であるため、詳細まで説明できない。新しいものであるため言葉だけでは理解されないと言う理由だ。

ある程度、Joomla CMS(ジュームラ コンテンツ・マネジメント・システム)という言葉が市場で認知され始めた時にパンフレットを作ろうと思っている。多くの会社は、まず、広告宣伝の意味合いでパンフレットを作る。ビジネスの説明やサービスの紹介でパンフレットが手元にあると相手に対して売込みがやりやすくなると言う利便性だろう。

紙媒体を作ると時間、お金、置き場所と言う問題を背負い込むことになる。それでもプラスになるという確信がある方は、どんどん使うべきだろう。営業マンは、新米であればあるほどパンフレットがないと商品やサービスを上手くお客様に説明できない。ベテランの営業マンならば、パンフレットだけでなくパソコンを使ってちょっとしたプレゼンをしてお客の理解を深める。

私ならば、ウエブサイトをプレゼン専用にしてしまう。

私専用のビジネスのプレゼンサイトを持つとインターネットにアクセスできれば何処でも使えるし一度に多くのお客に詳細情報を伝えることが出来る。会員登録機能があれば、(Joomla CMSはありますよ)一般のサイト訪問者に見せない特別な情報を会員ページでお見せできる。

営業ツールとしてウエブサイトを賢く使う方法を考えるのがこれからの営業だろう。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト