業界雑誌/新聞広告

法人市場向けビジネスには効果があるかも!

 

業界雑誌や業界新聞は、配布部数が少ないがターゲット層の会社が集まっている。本当に効果があるかどうかは、数回広告を掲載してからでないと分からない。週間なのか、月間なのかでコストも変わってくる。一般の新聞広告は、最低でも数十万円以上費用が発生する。一方通行の告知であるので実際のお問い合わせがない限り効果を計る方法がない。 

説明製品やサービスは、直接販売に結びつけることが難しい。ワンクッション、間に入れて販売に結びつける方法をやったほうが良い。例えば、セミナー開催告知広告を業界雑誌や広告に掲載して集まった会社の方に詳細説明を行う。この時点で関心がある会社が集められると同時に名刺交換やコンタクト情報が手に入る。後で、営業訪問も出来る。

 

一般市場向けの雑誌や新聞広告は、対象が広い場合と広告宣伝予算に余裕がある場合は良い。中小企業では、とてもそのような予算が取れないのでターゲット層を絞り込んだ事前調査をしてから最適な媒体を選択したほうが良い。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト