ラジオ/テレビ広告

ラジオやテレビ広告は、ポイントを一つにしないと効果が分からない。

 

会社が特定のターゲット層に向けてテレビ広告やラジオ広告をする。誘導先が明確であればあるほど反応が手に取るように分かる。ただのブランド告知ではわからない。

 

例えば、会社が開催するイベントへの集客としてテレビやラジオ告知をする。イベント会場では、営業マンが来訪者を受け付ける。関心がある来訪者であるからターゲット顧客に近い。この手法は、B2B(法人市場向け)のほうが効果がある。

 

問題は、ラジオもテレビも料金が高い。このコストに見合うだけの売り上げ見込みがないとやっただけ無駄に終わる。ラジオもテレビも一瞬の時間でどれだけターゲット層のお客を誘導できるかだ。1回の告知では終わらない。告知する時間帯でも効果が違うしコストも違う。

 

広告予算が潤沢であれば、良いのだが。そんな会社は、大企業に限られるだろう。中小企業は、ローカルのラジオ局やテレビでスポット告知ぐらいで終わるだろう。ラジオならば、数十万、テレビならば数百万円レベルだろう。あくまでも地域限定だ。