飛び込み営業を成功させたい!

 

YahooやGoogleの検索サイトで 飛び込み営業 を検索するとリストされるホームページはアフィリエイトサイトが多い。内容を読んで見るのだが、しっくり来ない。何かヒントになるような情報があればよいなと探すのだが、なかなかパッとしたヒントが書かれていない。私ならば、飛び込み営業を行う場所を決めて飛び込み営業をする

 

飛び込み営業は、上手くいかないという経験をしている先輩営業マンが大勢いる。私も99%上手くいかなかった。

 

だが、1%は上手くいった。

 

1%の成功は、飛び込み営業をする場所を決めていたからだ。飛び込み営業でも普通の営業でも共通しているのは、知らない会社とその会社の社員に話しかける事だ。知らない会社(売り込みのターゲット市場の会社)の社員と会える場所をまず探すことだ。その場所が分かれば、その場所で売り込みを行えばよい。

 

例えば、私の場合、サイト構築サービスであるからホームページに困っている会社の方が集まりやすい場所に行く。インターネット関連のイベントには、必ず、ホームページなどに困っているお客が来る。イベントは、そんなお客を集めるためにあるからだ。そんなイベントに顔を出して自分もお客のように振る舞い隣にいるお客に話しかける。ただ、それだけで名刺交換まで行く。

 

そんな感じで名刺交換が出来れば、後は、出来るだけ多くの相手方情報を聞く。後日、その方に提案書を持って会いに行くだけだ。

 

飛び込み営業は、正攻法と婉曲法がある。私のやり方は、婉曲法だ。正攻法は、誰でも思いつく通常のやり方だ。99%以上、上手くいかない。度胸をつけるためにやるというしかない。婉曲的なやり方は、ワンクッションいれて会うべき人を明確にして飛び込むやり方だ。相手は、一度会っているからむげに断らないだろう。

 

 

飛び込み営業をするための場所を見つけるには、ターゲット市場のお客が集まるだろうと思えるイベントやセミナーを探すことだ。そして、知らない人に積極的に話しかけることだ。話しかけて相手の情報を仕入れて名刺を交換すること。それが出来れば、成功!あとは、普通の営業でよい。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト