ホームページからのお問い合わせで驚く!

ホームページからのお問い合わせでビックリさせられる?

 

ホームページが集客サイトになってくるとターゲットお客からお問い合わせが増えてくる。お問い合わせの数がどんどん増えてくるのだが、困ることもどんどん増えてくる。

 

お問い合わせをしてくるお客の質に問題があるからだ。お問い合わせフォームには、最低必要な情報を記入していただく形式にしてあるのだが、それだけではお客の質を判断できない。あまり、詳細な情報を取ろうとするとお問い合わせの数が減ることになる。

 

昨日は、質の良いお客からお問い合わせを頂いた。お問い合わせの詳細項目欄に求めることを明確に書かれていたためだ。あいまいな表現のお問い合わせでないため、返答もしやすく、別途アポイントを取ることが出来た。普通のお問い合わせは、大雑把な質問、例えば、コミュニティーサイトを作りたいのだが御社ではおいくらで出来るのですか、といった感じだ。ある程度の要求仕様情報がないとコスト計算が出来ないのが現実だ。

 

こんなお客は、実はお客ではなく冷やかし程度のお客である場合が多い。本気でお問い合わせをしていないのだ。多くのサイト構築会社に同じような問い合わせをして物色しているか、同業者による価格調査のどちらかだ。一方で本当のお客も多い。この辺の見定めが難しい。

 

質の良いお客は、何度かメールでのキャッチボールが出来る。質の悪いお客は、お問い合わせへの返信メールで返答が来ない。メールでお客の質を見極めるしかない。質がよければ簡単にアポイントが取れる。テレマーケティングサービス会社が見込み客を電話で探す方法よりも質が高い。

 

ホームページで見込み客を集めるには、「えさ」になる情報をちゃんと自分で用意する必要がある。これが出来れば80%仕掛けが完了する。えさになる情報は、絶えず新鮮な情報でなければならない。同時に、読者にとってメリットを感じる内容でもある。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト