営業マニュアルで営業するな!

マクドナルドの店員マニュアルのような話し方は不自然だ!

 

マクドナルドで食事をする営業マンが多いだろう。何時も同じ台詞で始まる対応をどう思うだろうか。ほとんどの人は、意味を考えずに聞き流す。いつも聞いているからだ。何度も同じセリフで対応をされるとお客の耳は、聴くという作業をしなくなる。

 

営業マニュアルやセリフもそうだ!

 

お客は馬鹿ではない。営業マンに会うたびにその営業マンの評価をしている。ロボットのようなセリフをはく営業マンには魅力を感じない。何度も同じ営業トークをする営業マンもいやに成る。ただの御用聞きならば、アルバイト社員に任せればよい。正社員がする営業は一段上の人間らしい営業であってほしい。

 

テレマーケティングでかかってくる電話の先にいる営業マンは、ロボットのようなシナリオで話をし始める。ちょっと、聞いてれば手元にあるシナリオを読んでいるなと感じる。こちらが黙っているとシナリオが狂う。焦り始める。その時点で話の流れが上手く流れなくなる。

 

営業マニュアルやセリフは、参考書。それに頼れば良いと言うものではない。魅力ある営業マンは、自然体で営業トークが出来る。その営業トークはお客の返答に合わせて可変である。経験から出てくる返答だ。相手の状況を理解しているからこそ、坪を突いた返答と営業トークが出てくる。

 

自分なりの営業トークとシナリオは、場をこなしながら作るものだ。その出始めに営業マニュアルや台本を使うのは良い。だが、頼りすぎないことだ。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト
  6. 高齢者が仕事を探す時は、このサイト