お客は突然やってくる

神に助けられる時

 

新規営業でお客を探さねば成らない時、限られた期間のうちになかなか見つからない経験がある。どうしても、新しいお客が見つからないときは、自分の人生について悩み始める。なぜ、営業の職についたのか。なぜ、この会社に入社したのか。全てが、自分の人生が、楽しくなくなる。

 

悩みながらスターバックスで考え込む。突然、携帯電話が鳴る。御社のホームページを見て電話しました。サイトを新しく構築したいので一度お会いして話したい。そんな内容の電話だ。

 

これをと呼ぶのか、神からの贈り物と言うのか。多分、神は「お前はまだこの世で修行する必要があるので生かすためにお客を紹介したのだ。」と説明するかもしれない。

 

一番悩んでいるときに何処からとも無く新しいお客が現れるなんて・・・・到底考えられない。営業を長年やっていると不思議な体験を何度も経験する。どう考えても説明が付かない経験だ。

 ただ、

 神からの贈り物をいつも頼りにして入られない。やるべき事は、悩むことではなくお客がいそうな場所に行ってアクションを起こすしかない。この状態は、今も起きている。ビジネスを続けている限り、終わらないだろう。お客が途絶えたとき、ビジネスが終わる。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト