営業マンにとって必要な能力とは

営業マンはお客の質を見分ける能力が必要!

 

インターネットのビジネスをしていると色々なお問い合わせがJoomla CMSホームページシステムから届く。足でお客を探してお会いする人にも色々な方がいる。会社でのポジション(役職)で求めているものが違ってくる。決裁権がある方であれば、その人のニーズを満たすものを提供できれば成約できるだろう。それを見分ける人を見る力があれば営業は簡単になる。

 

面白い事例がある。最近経験した事例だ。

 

私の会社は、オープンソースCMSシステムで法人向けホームページサイトを構築している。ホームページのお問い合わせページからお問い合わせが届いた。内容を読んで見ると同業者からだった。ビジネスのコラボレーションを求めるお問い合わせはいつも何通も届くが、過去に上手く行ったケースがない。今回のメールは、案件の見積もりの依頼だった。

 

同業者からサイト構築の見積もり依頼は、?????だ。そのため、一度お会いしてお話を聞くことにした。幸いにも東京の会社であるのでお互いの都合さえあえば挨拶ぐらいは出来る。同じプラットフォームでビジネスを展開している会社であるので利害さえ問題なければコラボレーションは可能だ。

 

お問い合わせの内容からして同じような内容で他の同業者にも見積もり依頼を出しているだろうと推測できる。過去に同じようなケースを何度も経験している。多くのお客は、ただ、一番やすい見積もりを出す業者を探しているだけ。指名での見積もり依頼ではない。それをお問い合わせメールだけで判断できるか、出来ないかで時間を無駄にする、しないが決まる。

 

ビジネスは、自然体で来たものを受け入れることから始まる。それをどの様に判断し、どの様な行動に移すかで営業マンの質が決まる。人を見る目、お客を判断する目がないと本当のお客でないお客に貴重な時間と労働を費やすことになる。

 

Time is Money!である。

 

自分の時間=コストであると言う認識でお客の質を判断し、その質のレベルに従ったアプローチの方法を変える営業を身につける必要がある。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト