問題を起こさない営業

お客様との問題を起こすな!

 

クライアントと問題を起こして弁護士にお願いするような状態になると大きな出費が発生する。着手金と成功報酬金が訴訟で勝っても負けても何らかの形で発生する。トラブルは、コストだ。

 

それ故、

 

クライアントと問題を起こさない営業が必要だ。問題を起こしても傷が浅いうちに話し合いで和解したほうが良い。意地の張り合いは、時間と共にコストを増やす。同じことがクライアント側にも発生する。弁護士だけ儲けさせる仕組みがここにある。

 

中小企業は、弁護士を儲けさせるほどの資金はない。トラブルを起こさない営業を営業マンに教える必要がある。トラブルが起きたら、社長がクライアントに訪問し話し合いで済むように手を打つ。それが出来ない場合は、トラブルがトラブルを呼ぶ。

 

営業マンは、トラブルがおきやすい製品やサービスを取り扱うべきではない。会社を変わる場合は、転職先の会社が取扱う製品やサービスを良く見極めて会社を選ぶべきだ。自分の営業でトラブルを生みやすいものから身を守ることも必要だ。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト