ネット営業は無駄が多い

ネットでお客を探すネット営業

 

ネットでお客を探し、押し売りのように電話や売り込みメールを出す営業をネット営業と呼ぶ。テレマーケティングと同じで数をこなさないと一定の打率は稼げない。この手の営業は、コンタクト先のニーズを最初から無視して土足で家に上がるような営業である。成約率がひどいのは目に見えている。

 

メールで押し売りメールを出して反応があるのは、0.000001%ぐらいだろう。やるだけ無駄だ!ネットで会社の電話番号を探して電話する方法は、押し売り電話であるため押し売りと分かると100%、その場で断られる。これも無駄だ。

 

ネットで営業をしたければ、お客が向こうからやってくる営業をしなければ上手く行かない。つまり、お客を助ける情報発信をホームページで提供することが最初だ。営業は、押し売りではダメ。営業は、お客が困っていることを見つけて助けてやって初めて営業が始まる。

 

困っているお客は、インターネットで解決策を探している。その検索で自分が作った情報発信サイトにやってくれば、自ずとお問い合わせがやってくる。この仕組みをまず作らない限りネット営業は途中で挫折する。というか、ネット営業マンが行き詰って会社を止めてしまう。

 

自分が提供しようとしているサービスで助かる会社に向けてどの様な問題を解決できるかを色々な角度から紹介するページを沢山作成することだ。ソリューションのページが増えれば触れるほどその解決策を求めて検索しているお客がやってくる。

 

直ぐには、効果を認識できない。地道な情報発信とページ作成だ。Joomla CMSを使った情報発信ポータルシステムであれば、営業マンが苦労せず情報発信が出来る。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト