会社が危なくなるとこんな現象が起きる

お客さんの会社が危ないかどうかを見るには

 

会社の内部では、会社が危ないかどうかが分かりづらい。むしろ、取引先が先にこの会社は危ないと察し始める。会社の経営者は、資金繰りに困ると削減できる経費を探す。まず、最初に広告宣伝費を削る。それでもだめならば、経費で最も負担が多い人件費やアウトソースサービスなどを削り始める。

 

人件費の削り順は、アウトソースサービス(顧問、コンサルタント、営業支援サービス、ホームページなど)、派遣、契約社員、退職間じかの正規社員、45歳以上の管理職と一般社員とづづく。

 

取引先は、支払い期間が長くなり、値切りが激しくなる。こんな現象がその会社の周りで起き始める。営業マンが会社の担当に会いに行くと担当が替わっていたとか、担当と連絡が取れないとか、ちょっと不自然な印象を持つ。

 

営業マンは、クライアントの会社状態をポイントポイントでチェックしながらリスク回避をするめを持つ必要がある。

 

年度が新しくなる月は、契約更新が出来なくなる可能性が高い。契約更新が出来る、できないのサインは更新月の3ヶ月前から様子を伺うことである程度予測がつく。必ず、不自然な言動や行動がその会社から発信されるからだ。 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト

 

folder_yellow営業ツールとして使えるJoomla CMSホームページ制作のお問い合わせはこちらまで。