得意先は毎年15%づつ減っていく

新規顧客開拓を行わないと危ない!

営業マンは、既存のお客だけをフォローすれば良いというわけにはいかない。毎年15%づつ既存客が減っていくからだ。

それ故、

新規開拓は必須である。

まず、見込客探しである。見込客には、3種類有る。

  • すぐに売れるお客
  • 近々に売れるお客
  • 売れそうと思われるお客

営業マンは、お客の仕分け作業を営業アプローチをする前にしておく必要がある。当たり前といえば当たり前であるが、精度が悪い。見る目が養われていない。営業が上手いくいかない人ほど目が養われていない。

ある営業コンサルティング会社では、こんなステップで見込客を見つけている。

  1. 決定権がある経営層向けのセミナーを開催
  2. セミナー開催後にアンケートを取り見込み度データを取る
  3. 3日後にフォローアップメールや電話を入れる

この3ステップである程度の見込み度がわかる。すぐに売れるお客は、セミナー後の相談会で見つかる。近々売れそうなお客は、フォローアップコンタクト時に分かる。

自分の目が養われていなければ、それを補うやり方や仕組みを考えることである。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト

 

folder_yellow見込客を呼び寄せるツールとは・・・Joomla CMSホームページシステム・・・驚くべき機能があります!