困ったときは自分の営業力を分析する

自分の営業力を分析する

なぜ、売上がゼロなのか。
なぜ、売上が目標に達す事ができないのか。
なぜ、売上が増えないのか。

こんな悩みを抱えている営業マンや経営者が多い。ビジネスがうまく回っている時は、こんなことを考える暇もないのだが、時代の流れで需要が変わり、それが売上に反映される。売上を立てることが大変難しい時期を誰もが迎える。

営業マンにしても経営者にしても営業力=売上=経営が成り立つの連鎖の中にいる。

自分の営業力を一度分析してみて何が弱いのか、強いのかを再確認してみると新しいアクションにつながる。

分析の視点:

  1. 販売製品やサービスの競争力を生かした営業をしているか。
  2. ターゲット市場のニーズに変化があるか。
  3. 営業の種を継続的に植え付けているか。

売上を増やすには、お客を見つける事から始まる。お客を見つけ続けることができれば、売上は自然と増えていく。お客を見つける過程で他社との競争が始まる。競争力がある製品か、価格か、サービスかが問われる。探しているお客がいる市場であるかも問われる。

市場ニーズに変化があったために自社製品の需要がなくなるということも考えられる。新しいニーズを掘り起こす努力が求められるかもしれない。

売る前にお客さんのニーズ分析をする接点を増やすことが実際の売上につながる準備ではないか。

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト