お客が見つからなくて泣きたくなる営業マン

営業マンの心境:

毎月の売上がいつも気になる。このまま行くと売上がゼロだ。こんな時、どの営業マンも泣きたくなる心境になる。

お客さんが見つかり売上が立てれば、この心境はガラリと変わる。

泣きたくなる心境は、誰にでもある。自分だけではない。会社の経営者でも同じ心境に耐えずさらされている。営業マンが売上を立てなければ、今月の給与を銀行から借りて支払うことになる。これが3ヶ月、6ヶ月続けば倒産だといことがわかっている。

こんな時、経営者は、泣きたくなる。営業マンだけではない!会社経営者も同じ心境に直面するのだ。お客を見つけて売上を立ててくれる営業マンが増えれば、会社経営者は泣くどころか喜ぶ。

まさに、一隻の船で大海原で釣りをしている船長と船員たちである。船員たちが一生懸命魚を釣り上げれば、船長は喜ぶ。魚が釣れなければ、船長は船員とともに泣き出す。同じ船で生活をする人たちの運命である。

営業マンがお客を見つけられなくて泣けば、お客が突然現れて売上を立てることができるなんてことはありえない。泣けば、苦しみから逃れられるという世界は大人の世界にはない。子供の世界は、それが許される。

精神的に苦しくて泣いても良い。泣くことで気分を落ち着かせることができる。泣くだけ泣いて、次に何をやるべきかを冷静になって考える。泣くことで次のステップに自分を進めることができる。

泣かないでそれができる営業マンであるならば、それはそれで素晴らしい。

泣かないで悶々としている営業マンは、精神的に負担を抱えながら次のステップに進むことになる。その重みを抱えながら。ストレスは、涙とともに吐き出そう!

泣くことで今抱えているストレスを吐き出そう!相談できる人と酒を飲みながら泣いても良い。泣くことを恐れるな!大人に成ると泣く機会がない。

だから、

こんな心境になった時、精神的に苦しくて苦しくてどうしようもない時に、思い切ってお泣きしよう!我慢するよりは、泣いたほうが人間として自然だ。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト