営業は情報発信から始まる!

営業は情報発信から始まる。

 

自分の存在をターゲット層に知らしめるためには自分から情報を提供して興味を持っていただけなければ成らない。現実の世界では、セミナーを開催したり、イベントを開催したり、または、講師となってプレゼンテーションをしたりする。

 

現実の世界だけでは不十分なのでインターネットの世界でも自分の存在を告知する必要がある。自分のホームページ、ブログ、オンラインショップ、メルマガなどを使って自分からメッセージをターゲット顧客層に発信しなければ誰も目を向けてくれない。

 

私は、Joomla CMSというオープンソースを求めている中小企業に提供している。私がこのサービスを提供していると言う情報を発信しなければ誰も気が付いてくれない。そのためにCMSサイトを8つ運営している。全て特定のターゲット層に向けた情報ポータルサイトだ。

 

10ページから30ページぐらいのホームページでは、情報が少なすぎるため情報発信サイトとはいえない。ただのお飾りサイトでしかない。これでは、情報が一回で終わってしまう。

 

情報は絶えず発信していかねば気が付いてくれない。それも常に新鮮な情報出ないとだめだ。ターゲット顧客層に向けて継続して情報を発信していると自然と潜在顧客が近づいてくる。お客は、情報を求めてやってくる。だからこそ、自分自身が情報を発信する源にならないとだめだ。

 

現実の世界での情報発信手段とインターネットでの情報発信手段を見極めて実施していく必要がある。

 

もし、出来るならばニュースサイトで情報発信が出来る機会をつかむことだ。私は、ITmedia、CNET Japan、Japan Internet.com、あすなろブログなどのニュースサイトでコラムを書いている。コラムの内容は、私のビジネスの潜在顧客に絞り込んでいる。そんな機会を見つけて自ら情報を発信することで周りの人に自分の存在を知らしめる。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト