営業は、攻めの営業と待ちの営業がある。

待ちの営業

攻めの営業は、足で営業先を探しアプローチする。度胸が求められる。

待ちの営業は、頭でお客を集める。

多くの営業マンは、攻めの営業が営業と考えている。インターネットの世界では、待ちの営業を上手く使ってお客を集めるやり方がある。

ただし、

それなりと時間的な投資とコストは発生する。待ちの営業は、CMSサイト(情報発信ポータルサイト)をターゲット客層向けに構築することから始まる。ターゲット客層が求める情報を発信し続けることでコンテンツが魅力的な餌になってくる。餌は、多くあればあるほどお客が集まりやすい。

つまり、

釣りで言う撒き餌である。

CMSサイトは、ウエブの専門知識を求めない。一般的なIT知識だけで情報を直ぐに何処でも発信ができる。そのため、餌のコンテンツさえ沢山あれば、お客を集めやすい。コンテンツは、自分で作成するので普通のホームページと違ってお金がかからない。

そのため、ページ数に拘らないで複数人がどんどんコンテンツページを作成できてしまう。撒き餌を沢山、早く、簡単に作れるのでこれからプロモーションサイトを作る予定ならば、CMSで構築すると良い。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト

 

ーーー>営業支援ホームページ