営業マンには願望を思い続ける力が必要だ

思い続ける力

 

営業マンは、いつも売り上げを意識している。売り上げ=自分の評価だ。営業マンである限り逃れられない。でも、このジレンマは、会社の社長も同じ。会社全体の売り上げが上がらないと社員に給与も出せない。生きている限りお金は必要だ。お金を沢山集めないと営利ビジネスは成り立たない。

 

そんな事実をベースに売り上げをアップさせるお客探しをしなければならない。積極的なお客探し活動を後押しするのが、「お客よ、来い!」と願い、思い続ける力だ。

奇跡を起こすきっかけを作る!朝起きるときにこう願う。「新しいお客様との出会いがありますように!」と。

 

朝起きるたびに新しいチャンスが生まれる。決して昨日と同じチャンスではない。新しいチャンスだ。そのチャンスを手にするには、前向きな姿勢とアクションだ。

 

私のビジネスでは、ホームページからのお問い合わせと電話でのお問い合わせが新しいお客との出会いになる。毎日お問い合わせがあると言うわけではないが、お問い合わせがくるようにホームページで誘い水の情報発信をしている。

 

誘い水には、色々なものがある。お客様のニーズは、多種多様である。自分の強みを前面に出したサービスを上手く魅力的な情報と言う衣に包み込んでお問い合わせまで誘導する。切り口は、多種多様であるため無限大にある。情報発信での誘い水は、ターゲットのお客様をどの様に捕らえるかで決まる。

 

営業メールであなたの名前を覚えさせるメールフッターの作成方法(目から鱗が落ちる)

営業には、神頼みみたいな運もある。を呼び込むためには、いつもその運を思い続けなければダメだ。この辺は、言葉で説明するのが難しい。何処からとも無く、お客からお問い合わせが届くのだ。いつも、いつも、お客を呼び込む願と思い続ける力が自分のお客を引き付けている。

 

あなたがまずやるべきことは、朝起きたときにこう願い「お客よ、来い!」、一日中、それを思い続けてアクションを起こすことだ。

 

  1. ターゲット客を見つけたい人は、このサイト
  2. 成約率を上げたい人は、このサイト
  3. 営業で心が折れた人は、このサイト
  4. 営業がわからない人は、このサイト
  5. 私にあった営業方法は、このサイト